-若者と地域をつなぐプロジェクト-『国語・算数・理科・デザイン!』

-若者と地域をつなぐプロジェクト-
『国語・算数・理科・デザイン!』

足で観察するデザイン

先月6月14日、秋田県南部に位置する横手市を、大粒の雹(ひょう)が襲った。

特にこの雹の被害を受けたのが、一次産業の現場。

横手市といえば、県内有数の「りんご」の生産地として知られる土地だが、

そんな横手の「りんご(農家)」も大きな被害を受けていた。

2021年〜2022年にかけて秋田県内を苦しめた「大雪」という自然被害を

なんとか乗り越えた先にやっと実り始めた小さな青い「りんご」を容赦なく直撃した雹。

 

皆さんは、以下の「りんご」の写真を観て、何を思うだろうか?

 

 

つい先日、7月14日のこと。

今回の被害を受けた横手の「りんご(農家)」の現場に足を運び、現状を目の当たりにし、

僕は、自然被害へのどうしようもない(どうにもできない)憤りを感じ、

そして、そこに何かアクションできることがあるのではないか・・・と考えるに至った。

 

「観察する」→「知る(実感する)」→「感情がおこる」→「何か行動や言葉に(アクション)したいと思う」

この一連の流れ・過程こそが、普段僕が大切にしている「デザイン」である。

そして、その過程の始まりの基本は、「現場」に「」で「出向く」ことである。

「デザイン」は「手」で行うものと思われがちだけど、僕にとってそれは間違っていて、

「デザイン」は「足」で行うものだと信じたい。

  

「足」で出向いた先にある生の「観察」にこそ、

本事業がお腹の底から求めている「本当のデザイン」が待っている。

 

ではでは、国語・算数・理科・デザイン!    (投稿:澁谷和之|澁谷デザイン事務所)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

主催:秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課
運営:一般社団法人ドチャベンジャーズ
企画・協力:澁谷デザイン事務所