-若者と地域をつなぐプロジェクト-『国語・算数・理科・デザイン!』

-若者と地域をつなぐプロジェクト-
『国語・算数・理科・デザイン!』

刺青を入れるデザイン

「刺青(いれずみ)を入れる」という言葉を聞くと、

強面の人が肌(肩や背中)に龍や虎の絵柄などを彫り込むことをイメージする人が多いと思う。

そんな「刺青を入れる」という言葉の意味を、

自分の営む「お店(ビル)に、看板を付ける行為」に対して使った

秋田市でコーヒー屋さんを営む、ある一人のオーナーがいる。

そう、今日「7月24日」で10周年を迎えた

秋田を代表するコーヒー店「08COFFEE」のオーナー・児玉和也さん。

 

 「澁谷さん、10周年のタイミングで、いよいよこのビルに刺青を入れようと思うんです。

 店舗の入り口に『COFFEE』と、ただそれだけ一言。

 もう逃げ場のない、覚悟を示す意味で。そのデザインをお願いできますか?

という、彼のデザインオーダーの意味するところを汲み取った時、

改めて感じた「デザインの責任の重さ」「デザインの怖さ」を、僕は今も忘れない。

 

僕が普段よく口にする言葉に『デザインは人を殺せる』という、自分を戒めるための言葉がある。

デザインとは、一人の人、一つの家族、一つの地域、一つの町、一つの国、そのそれぞれを

「良くすること」もできるし、「悪くすること」も簡単にできてしまう思考であり、手段である。

 

つまり、僕がデザインする「08COFFEE」の「COFFEE」という看板一つで、

そう、僕が彫り込む「COFFEE」という「刺青」一つで、

児玉和也という一人の人間の人生を壊すことは、とても簡単なことだということ・・・。

 

「いよいよこのビルに刺青を入れようと思うんです」という、

その一言に込められた覚悟を、しっかり真正面から受け止められる、

そんな逞しいデザイナーで在りたいと思い、今日の08COFFEEの10周年を大いに祝いたい。

 

【08COFFEE ホームページ】

https://08coffee.jp

 

ではでは、国語・算数・理科・デザイン!    (投稿:澁谷和之|澁谷デザイン事務所)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

主催:秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課
運営:一般社団法人ドチャベンジャーズ
企画・協力:澁谷デザイン事務所