-若者と地域をつなぐプロジェクト-『国語・算数・理科・デザイン!』

-若者と地域をつなぐプロジェクト-
『国語・算数・理科・デザイン!』

田んぼと色鉛筆

 

もうすっかり7月もおしまい目前となって、

辺り一面の田んぼの稲も、1日1日とその「緑」を深めていく毎日。

そんな田んぼの「緑」が日々変化していくグラデーションの風景を

1日、1日と目の前にして暮らしていると、いつも僕は事務所で愛用している「色鉛筆」のことを思い出す。

 

一言で「緑」と言っても、「緑」という領域には何千、何億、何兆もの種類の緑が存在している。

きっと、僕らの中にある「色に対するメモリ・物差し」という意識は

何気ない暮らしの近くに潜んでいた「風景」という名の「自然のパレット」に育てられ、

無意識のうちに自分の中にセットアップ(教育)されていたのだと、

こんな田んぼの緑を前にして、改めて41歳のデザイナーは「ありがとう」と感謝したりする。

 

豊かな色の教育環境としての、秋田の田んぼ。

僕にとっての「緑という色の教育」は、確実にこの「秋田の田んぼ」にあるに間違いない。

 

この季節、ほんのり夕方の夕日(オレンジ)を纏った「緑」が、僕の大好物。

この夕日を纏った田んぼの緑の色は、いったいなんて名前の色なんだろう?

「西日緑?」「サンセットグリーン?」「日暮し緑?」とか、とか、 

そんなことを考えたりしているうちに、今日も夕日は遠く西の彼方にあっさり落ちてゆく。

 

2021年度「国語・算数・理科・デザイン!」への沢山のご応募、本当にありがとうございました。

こんな田んぼの緑に囲まれて、

今年も「国語・算数・理科・デザイン!」、いよいよ秋田の夏に、はじまり、はじまり。

 

ではでは、国語・算数・理科・デザイン!    (投稿:澁谷和之|澁谷デザイン事務所)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

主催:秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課
運営:一般社団法人ドチャベンジャーズ
企画・協力:澁谷デザイン事務所