-若者と地域をつなぐプロジェクト-『国語・算数・理科・デザイン!』

-若者と地域をつなぐプロジェクト-
『国語・算数・理科・デザイン!』

説明書のない機能性

 

子ども(赤ちゃん)の日々の行動観察は、

「デザイン」を深める上で、とても学び多き観察だなと、ここ最近よく思う。

僕には間も無く2歳になる息子がいるのだけど、

そんな息子の何気ない日々を観察することは、

ヒトの行動のピュアな部分(無意識な欲求など)を感じ、理解する

最善のフィールドだなと思ってならない。

 

 

僕は仕事柄もあってか、「付箋(ふせん)」という文房具を日常的によく使うのだけど、

そんな付箋を居間のテーブルに何気なく放置していた、ある日のこと。

「付箋」なるものが、本来兼ね備えていた(意図してデザインされていた)機能なんて

知ったこっちゃない我が息子が、

ある日、ただただ、黙々と、束になった付箋を、一枚一枚剥がす行為を繰り返していた。

 

その息子(子どもという人間)の行為のなかには、

元々の「付箋」というプロダクトに期待されていた機能を全く無視した

“人間の欲求を満たすものとして” “確かな機能” が見え隠れしていた。

 

元々の付箋が持つ、貼っても剥がしやすいという「絶妙な心地よい粘着力」

人間が無意識に求める「絶妙な抵抗感へ反発する満足」を、

一枚一枚剥がす行為の中で、地味にも満たしてくれていたその光景は、

とても淡々としたものだったが、見ている(観察している)こちらまで心地よく

見つめ眺めてしまう、そんな人間らしい光景・時間だった。(ちょっと難しい物言いになってごめんなさい)

 

 

間も無く2歳を迎える息子の子育てに直面してみて、新米パパの僕がいつも「大切だな」と思うこと。

それは、ただただ、人間としてのそのピュアな行為を見守ってあげること、それに尽きると思う。

「ただ見守ること」の大変さと、難しさ、そして、危険さ、さらには苛立たしさ……

などなど、それらの負と思われる感情こそ、

日々を健やかなプラスに転じさせる“デザイン・アイデア”の種の一つなのではないかと僕は思ってしまう。

(いやいや、そんなこと思えるわけないでしょ! ってお母さんたちの激怒が聞こえてきそうですが……)

 

 

きっと、付箋の束を一枚、また一枚と剥がしてしまう子どもの行為を目の前にしたら、

大抵の親御さんは「付箋を剥がしちゃダメ! もう使えなくなっちゃうでしょ!」と怒って

その行為自体を簡単にやめさせてしまうのが普通であり、自然かもしれない。

それはごもっとも、間違った教育ではないと思う。

ただそれは、僕の個人的な見解からしたら、「間違った教育」であることも、ここに言及したい。

 

 

「付箋」というプロダクトが持ちえた機能を、

「メモを書いて目印に貼っておくもの」という限定した機能の範疇でしか認識できない

現状の生活者一般の意識に対する問題提起がここにある。

付箋を一枚一枚、丁寧に小さな自分の指先を使って剥がして、

満足を、納得を、そして、やり切った達成感を、子どもがしっかり心の中に獲得していたら

それはそれで、確固たる成長過程に役立つ「付箋(デザイン)」の機能ではなかろうか?

そこの「説明書のない機能性」を愛でてあげられる子育て、子どもの教育が育まれたら

きっと、きっと、そこには、僕ら「国語・算数・理科・デザイン!」のメンバーが理想とする

社会の在り方が見え隠れしているような気がする……

 

 

なんて、無謀にも剥がされ、投げ捨てられた付箋を、せっせと一枚一枚拾い集め、

また元通りの付箋の束に戻しながら、そんなことを考えている、新米パパデザイナーであります。

 

 

ではでは、国語・算数・理科・デザイン!    (投稿:澁谷和之|澁谷デザイン事務所)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

主催:秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課
運営:一般社団法人ドチャベンジャーズ
企画・協力:澁谷デザイン事務所