-若者と地域をつなぐプロジェクト-『国語・算数・理科・デザイン!』

-若者と地域をつなぐプロジェクト-
『国語・算数・理科・デザイン!』

蝉という夏の終わりに

 

ふと、つい先日、僕(澁谷)の事務所の入口に見た風景。

辺り一面、黄金色の田んぼに覆われ、いよいよ秋が深まっていくそんな中、

まだ、必死に生きている「今年の夏」が、何か助けを求めるかのように

デザイン事務所の壁にしがみついていた。

  

 

 

 

デザインとは「表現」することのように思われがちだけど、

本来は「受け入れる」「傾聴する(相手に耳を傾けてあげる)」ことだと、

この歳になって、やっと実感として理解できるようになってきた。

 

 

日々「デザイン事務所」として働いていると

それはそれは、さまざまな人の、さまざまな言葉・感情を受け入れることになる。

そこには、楽しいこと、嬉しいことはもちろんだけど、

それよりも、辛いこと、悲しいこと、難しいこと、悩ましいこと・・・など

どちらかというと、ネガティブな感情に触れることの方が多いのが本当。

 

 

そんな気持ちで、この夏の終わりの象徴とも言える

鳴かない静かな「蝉」を眺めている(観察している)と、

なんとも言えない、放ってなどおけない気持ちに僕はなる。

「いったい、どうしたんだい? 何か悲しいことでもあったのかい?」

なんて、あたかも人にでも語りかけるように、蝉に語りかけてしまう・・・

そんな「気持ち・感情」こそが、デザインの本質だと僕は信じている。

  

突然、40歳オーバーのオッサンが、

壁に張り付いた蝉に向かって「おい、お前、どうしたんだい?」なんて

話しかけている光景・風景は、なんとも気持ち悪いものだろうけれど、

そんな感情こそ、本事業「国語・算数・理科・デザイン!」という思考の場には

溢れていてほしいと、夏の終わりを目の前にオッサンは願っている。

 

 

ではでは、国語・算数・理科・デザイン!    (投稿:澁谷和之|澁谷デザイン事務所)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

主催:秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課
運営:一般社団法人ドチャベンジャーズ
企画・協力:澁谷デザイン事務所