-若者と地域をつなぐプロジェクト-『国語・算数・理科・デザイン!』

-若者と地域をつなぐプロジェクト-
『国語・算数・理科・デザイン!』

天井のデザイン

普段、横になりながら、ぼんやり考えごとをしていたり、

「疲れたな〜」なんて言って、ぼーっとしていたりする時に、

僕たちが無意識に観ているもの、そう、それは「天井」。

幼い頃、風邪をひいて熱を上げた時、

おでこに冷たいタオルをのせられた状態で

ずっと見上げていた「天井」のこと。「天井の木目」をずっと目で追っていた記憶。

以前、プロダクトデザイナーである深澤直人さんが、

「病院という空間は、天井のデザインを考え直すべきだ」

というようなニュアンスのことを、何かの記事で言葉にしていたのを記憶している。

まさに、風邪をひいたり、病気で苦しんでいたり、ヒトが “弱い状況” にある時の

精神的な支えとなるデザインの本質は、

そんな「天井のデザイン」というような、盲点・観点にあるような気がする。

ウィークポイントに機能するデザイン……、弱いところに寄り添うデザイン……

今日もそんなことを、横になり、天井を見上げながら、ぽつりぽつりと考えています。

ではでは、国語・算数・理科・デザイン!    (投稿:澁谷和之|澁谷デザイン事務所)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

主催:秋田県あきた未来創造部地域づくり推進課
運営:一般社団法人ドチャベンジャーズ
企画・協力:澁谷デザイン事務所